中学部

中学部(H30)

平成30年度 第58回 小・中学部卒業式(中学部)

 3月8日 卒業式。26名の中学部の生徒が巣立ちました。
 これまでの練習の成果を発揮し,校長の前に立つと誇らしい表情で卒業証書を受け取ることができました。卒業の言葉では,代表生徒が「これまで支えてくれた人たちへの感謝」と「中学部での大切な思い出を力に変えてこれからも頑張っていきたい」と堂々と発表しました。

「1年のまとめをしよう」「進級に向けて」の学習をしました!

 各課程・学年ごとに,1年の締めくくりの学習が行われました。今回は,その中で取り組んだ修了制作の様子をお伝えします。
 1学年は「張り子のランプシェード」を制作しました。写真は,風船の土台に障子紙や和紙などを丁寧に貼っているところです。形ができたら中の風船を割って完成です。2学年は「デコパージュの小物入れ」の制作です。専用の液を箱の表面に塗ってデコパージュ用の模様入りシートを貼り,その上から2回目の液を塗っているところです。この後コーティング液を塗り,飾り付けをして完成です。A課程では「八角鏡」を制作しました。木の板に色を塗り,ちぎった紙をデコパージュして仕上げました。
 どの課程・学年でも,修了記念の制作に楽しく取り組み,個性あふれる作品が完成しました。

中学部「卒業を祝う会」

 3月8日(金)の小・中学部卒業式を前に,中学部の「卒業を祝う会」が行われました。在校生から,感謝の気持ちを込めた歌やメッセージ,手作りのプレゼントなどが贈られました。卒業生からはお礼に「U.S.A.」の曲に合わせたダンスの披露がありました。3年生への卒業のお祝いと感謝の気持ちがこもった和やかな会となりました。

卒業に向けて

 中学部3年生は,卒業に向けてたくさんの学習を進めています。「卒業制作」では,オルゴール箱を制作しました。曲を決めるところから始め,オルゴール箱にタイルで飾り付けをしたり,思い出の写真を貼ったりして完成させることができました。「卒業式の練習」では,いつもにぎやかな生徒たちも少し緊張しながら取り組んでいます。卒業まであと9日と数えると,中学部で過ごした3年間はあっという間に感じます。卒業までの残り少ない時間を大切に過ごしていきたいと思います。

中学部あいさつ運動

 中学部の生徒会活動の一つに、「あいさつ運動」があります。毎月第1月曜日と火曜日に、生徒会役員が昇降口に並んで、元気な声で「おはようございまーす!」と、登校してきた友達に声を掛けています。
 声を掛けられた生徒も、笑顔であいさつを返したり、ハイタッチで応えたりして爽やかな朝のスタートとなっています。また、A課程の生徒会役員3名は、帰りに朝と同じ場所で「さようなら」「また明日」とあいさつをして和やかな雰囲気で見送っています。人とのつながりは、まずは挨拶から・・・ということで、大切にしたい活動の一つです。