校長室

校長室(H31)

臨時休校

 先月の27日夕方に安倍首相から突然の要請報道がありました。新型コロナウィルスにより感染拡大を防止するため,3月2日から春休みまでの期間の臨時休校という,あまりにも突然の要請は,学校現場を預かる私にとって,崖から突き落とされたような内容に聞こえました。その後は,教育委員会からの指示を受けながら,緊急の打ち合わせを何度も持ち,保護者への緊急連絡,教職員への周知と受け入れ児童生徒の体制整備など,あっという間に教育委員会の決定した3月4日の臨時休校日となりました。予定されていた卒業式は規模を縮小し,卒業生と保護者のみで行うことにしたり,会場設営を変更したりしました。その他,職員会議を含めた多くが集まる会議は,書面で共通理解を図ることにもしました。突然の臨時休業に対して,多くの児童生徒は自宅や放課後デイサービスとで過ごせるようことになったのは,保護者の理解と協力によるものです。本当に感謝しています。臨時休業中に学校に来る児童生徒は全校児童生徒の1割強で,各学部,学年単位で先生方が付き添ってみています。
 写真にあるホワイト黒板は,校長室にある行事予定表です。本来ならば,卒業を祝う会や○○お楽しみ会,様々な会議等の予定でびっしり埋め尽くされているのですが,なんとも寂しい限りです。
 新型コロナウィルスによる感染の収束が見通せない状況下で,4月以降の学校行事についての対応も検討しなければならないと考え始めている今日この頃です。

令和最初の卒業式に向けて

 令和になって初めての3月は,令和になって初めての卒業式が行われる月でもあります。本校でも高等部と小・中学部でそれぞれの卒業式が行われます。その卒業式を控え,各学部では在校生が卒業生への感謝を表す卒業生を祝う会がありました。私も高等部から写真のような招待状をもらってその会に出席しました。各学年が楽器演奏や歌,趣向を凝らした学部行事を振り返る紙芝居などで卒業生を送れば,卒業生も歌のプレゼント(手話付き)でお返しをするなど,和気藹々の中で会が進行しました。会の最後は,お決まりのエールですが,やはり3年生です。声の大きさや身のこなしなど迫力満点でした。このようにして先輩から後輩へ良き伝統が受け継がれていくのだと実感した卒業を祝う会でした。

15の春

 先日,令和2年度高等部入学選考に係る合格者発表がありました。午後3時の発表に向けて受験生とその保護者の方が集まり,合格者の番号が書かれた紙が掲示されるのを待っていました。今年は暖冬なので外で待機するのも例年に比べると楽だったと思いますが,気持ちはソワソワ,どきどきだったことでしょう。掲示を覆う布が取り除かれると,自分の番号を探して万歳をする人,保護者の方と抱き合う人,涙ぐむ人など喜び方は千差万別でしたが,一様に安堵した姿が印象的でした。心から喜んでいる子どもたちの純粋な姿を眺めつつ,彼らの健やかな成長に向けて,しっかり指導していかなければという気持ちをあらためて強くしました。

お正月にちなんだ活動

 冬休みが明けた1月の活動の代表に“書き初め”があります。広報誌に○○書き初め展が紹介されたり,新聞に優秀賞等が掲載されたりしますが,特別支援学校でも各学部がこの書き初めに取り組みます。今年頑張ろうと思うことを一字で表したり,自分の好きな言葉や文字を書いたりして,校内に掲示しています。鉛筆で書くよりも筆と墨を使って書くことの方が字を書く認知がしやすいので,子どもたちには取り組みやすい活動で,“書”が好きでそれを極めた障害者もいるほどです。独特の筆使いで個性豊かに表現する彼らの書き初めは,芸術的で私は大好きです。

あけましておめでとうございます

 年が明け,2020年が始まりました。令和になって初めての新年,十二支の最初の子年,そして東京オリンピックが始まる年,初めてづくしの年明けに合わせるように,仙台にも今年初めての積雪がありました。校庭は真っ白な雪景色です。ただ,水分をたくさん含んだ重たい春の雪で今年の暖冬を象徴するようです。新年と共に今年度最後の学校生活が始まりました。冬休みの楽しい思い出(クリスマスやお正月)をたくさん抱えた子どもたちが,元気に登校してきました。大きく体調を崩す子も事故に遭った子もいなかったこと,目をキラキラ輝かして元気いっぱいなこと,うれしさことがいっぱいです。そんな気持ちで子どもたちの前で新年の話をしました。暖冬とはいえ,これからが冬本番です。体調管理を十分に行ってまとめの学習活動を行っていきたいと思います。