校長室

校長室(H31)

15の春

 先日,令和2年度高等部入学選考に係る合格者発表がありました。午後3時の発表に向けて受験生とその保護者の方が集まり,合格者の番号が書かれた紙が掲示されるのを待っていました。今年は暖冬なので外で待機するのも例年に比べると楽だったと思いますが,気持ちはソワソワ,どきどきだったことでしょう。掲示を覆う布が取り除かれると,自分の番号を探して万歳をする人,保護者の方と抱き合う人,涙ぐむ人など喜び方は千差万別でしたが,一様に安堵した姿が印象的でした。心から喜んでいる子どもたちの純粋な姿を眺めつつ,彼らの健やかな成長に向けて,しっかり指導していかなければという気持ちをあらためて強くしました。

お正月にちなんだ活動

 冬休みが明けた1月の活動の代表に“書き初め”があります。広報誌に○○書き初め展が紹介されたり,新聞に優秀賞等が掲載されたりしますが,特別支援学校でも各学部がこの書き初めに取り組みます。今年頑張ろうと思うことを一字で表したり,自分の好きな言葉や文字を書いたりして,校内に掲示しています。鉛筆で書くよりも筆と墨を使って書くことの方が字を書く認知がしやすいので,子どもたちには取り組みやすい活動で,“書”が好きでそれを極めた障害者もいるほどです。独特の筆使いで個性豊かに表現する彼らの書き初めは,芸術的で私は大好きです。

あけましておめでとうございます

 年が明け,2020年が始まりました。令和になって初めての新年,十二支の最初の子年,そして東京オリンピックが始まる年,初めてづくしの年明けに合わせるように,仙台にも今年初めての積雪がありました。校庭は真っ白な雪景色です。ただ,水分をたくさん含んだ重たい春の雪で今年の暖冬を象徴するようです。新年と共に今年度最後の学校生活が始まりました。冬休みの楽しい思い出(クリスマスやお正月)をたくさん抱えた子どもたちが,元気に登校してきました。大きく体調を崩す子も事故に遭った子もいなかったこと,目をキラキラ輝かして元気いっぱいなこと,うれしさことがいっぱいです。そんな気持ちで子どもたちの前で新年の話をしました。暖冬とはいえ,これからが冬本番です。体調管理を十分に行ってまとめの学習活動を行っていきたいと思います。

クリスマス会

 12月も半ばを過ぎ,あと2週間あまりで今年が終わろうとしています。この時期,小学部の恒例行事がクリスマス会です。毎年,低学年,中学年,高学年,そして,A課程のそれぞれで企画されるクリスマスにサンタクロース役で招かれています。サンタクロースが登場すると,大喜びをして寄ってくる子,少し尻込みしながらもうれしそうな表情の子,怖がって遠ざかってしまう子など子どもたちの反応は様々ですが,そんなことにはお構いなくサンタ役に徹して,子どもたちの中に入っていきます。プレゼントをもらったときの本当にうれしそうな表情が楽しみです。今年も私のサンタを楽しみにしてくれる子どもたちのために,精一杯のパフォーマンスをしています。

芸術の秋

 秋にはいろいろな「秋」がありますが,芸術の秋もその一つです。学校ではこの時期は文化祭が行われ,文化部がそれぞれの活動を発表する機会を得て輝いています。特別支援学校でも“○○祭り”と称して学習発表会や作業製品販売会等が行われますが,同時に制作活動で作り上げた様々な作品が校内に展示されます。このような作品は通常は図画工作や美術といった教科に時間を使って制作されますが,特別支援学校の教育課程には自立活動等の通常学校にはない特別の指導領域があります。これは障害を克服して自立する力を養うことを目的にしており,作品作りを通して手指の巧緻性を高めるとか,気持ちを落ち着かせて作業に集中するとかをねらって行われます。このような活動も特別支援学校の子どもたちにとってはとても大切なのです。