校長室

夏間近

 7月に入ってもすっきりしない天気が続き梅雨明けの知らせは届いていませんが,学校では夏らしい活動が始まっています。今年は新型コロナウィルスの影響でプールの活動が自粛されています。プールに入ること自体は,塩素管理がしっかりされているので感染リスクは低いといわれているようですが,指導上どうしても児童生徒と密着しなければならない場面があり,密接,密着が避けられません。そのため感染防止が難しいことを考慮して,今年度のプール指導は見合わせることにしています。子供たちにとって大好きなプールですので残念ですが,水遊びで代用するなどの工夫をしています。また,プール指導に代わる活動も先生方は考えています。仙台ではコロナ感染者が少し見受けられるようになっていて,落ち着かない状況で収束が全く見えませんので,新しい生活様式に沿った対策を施しながら教育活動を進めていかなければならないと考えています。