校長室(H30)

本校の給食

 写真は,本校の給食です。この日のメニューは,パンプキンパン,コンソメスープ,ハムチーズフライ,コールスローサラダ,キウイフルーツです。一週間をご飯の日,麺類の日,パンの日に分けて,栄養教諭が子どのたちの嗜好に合わせた献立を考えてくれています。カロリーは,小学部で500~600Kcalで,中・高等部が700~800Kcalあり,おなかを満たすには十分だと思います。
 さて,写真にある通常メニューの上に小皿に分けられたものがありますが,なんだか分かりますか。これは,重度重複障害の児童生徒のための特別食(ペースト状になったもの)です。重度重複障害の児童生徒は咀嚼力や嚥下の力が弱いため,通常の形状では食事をすることができません。そのため,写真のように給食室でペースト状に下ごしらえをして提供するのです。児童生徒の実態に応じて,パン,フライ,サラダ,スープの具をきめ細かいペーストからやや荒いペーストまで個別に用意します。手間のかかる作業ですが,調理員が丁寧に用意してくれるおかげで,児童生徒は毎日おいしい給食を食べることができます。本校は,教師以外の様々な人たちに支えられて教育活動が行われています。
 余談ですが,私も検食では必ずこの特別食を食べています。はじめの頃は,ペースト状のためにためらいを感じましたが,味は基のメニューと同じですのでおいしいので,食べるのが楽しみになっています。