校長室

大好きな給食に感謝

 だいぶ過ぎてしまいましたが,先月(1月)に給食週間がありました。給食週間とは,正式には「全国学校給食週間」といい,学校給食の意義や役割について児童生徒や教職員、保護者などの理解と関心を深めるための週間のことです。以前にも少し書きましたが,本校でも掲示板を使って給食の歴史を紹介したり,子どもたちからリクエストを募った献立を立てたり,世界のメニューを取り入れたりした企画が給食週間に行われました。その中で,子どもたちは普段の給食に感謝を込めて,栄養教諭や調理員にメッセージカードを作って掲示しました。その一つ一つから,子どもたちの給食大好きという気持ちが伝わってきます。「食」は“人を良くする”と書きますから,大好きな給食をたくさん食べて,元気に日々を過ごしてほしいものです。