校長室

仙台の七夕飾り

 夏休みまで2週間を切ったところですが,学校では七夕を題材にした学習が各学部で行われています。七夕飾りといえば,笹に願い事を書いた短冊をつるしたり,折り紙で飾りを作って飾ったりするのが定番ですが,仙台の七夕飾りは写真のような大きなぼんぼりに長い吹き流しを垂らしたものになっています。暦的には7月7日が七夕ですが,仙台では旧暦の七夕に当たる8月に仙台七夕としてお祭りが行われます。そこで飾られるのが写真のような飾りです。大きさは数倍大きな,それは見事な飾り付けとなっていますが,子どもたちもおなじみの七夕飾り作りは,仙台の学校ならではだと思います。今,学校のいたる所にこの仙台七夕の飾りがあり,夏を感じさせてくれています。