校長室

交流活動

 本校では地域の小中学校の児童生徒と交流活動を行っています。年3回程度,本校にやってきて一緒に活動(お楽しみ会)をします。この活動は小中学生が考えてきてくれます。彼らにとって知的障害のある子供たちがどんなことに興味があって,どんなことができるのか,一生懸命考えてきてくれます。紙芝居を読んで聞かせてくれるグループ,手作りパズルを一緒にやるグループ,ペットボトルを使ってのボウリングゲームなど、本当にすばらしいです。本校の子供たちも分かりやすいゲームなので楽しむ様子が見えますし,一緒に活動する姿はほほえましいです。小さい頃からこのような関わりを続けていくことが,彼らが大人になったときの共生社会につながるのだと思います。