校長室

臨時休校

 先月の27日夕方に安倍首相から突然の要請報道がありました。新型コロナウィルスにより感染拡大を防止するため,3月2日から春休みまでの期間の臨時休校という,あまりにも突然の要請は,学校現場を預かる私にとって,崖から突き落とされたような内容に聞こえました。その後は,教育委員会からの指示を受けながら,緊急の打ち合わせを何度も持ち,保護者への緊急連絡,教職員への周知と受け入れ児童生徒の体制整備など,あっという間に教育委員会の決定した3月4日の臨時休校日となりました。予定されていた卒業式は規模を縮小し,卒業生と保護者のみで行うことにしたり,会場設営を変更したりしました。その他,職員会議を含めた多くが集まる会議は,書面で共通理解を図ることにもしました。突然の臨時休業に対して,多くの児童生徒は自宅や放課後デイサービスとで過ごせるようことになったのは,保護者の理解と協力によるものです。本当に感謝しています。臨時休業中に学校に来る児童生徒は全校児童生徒の1割強で,各学部,学年単位で先生方が付き添ってみています。
 写真にあるホワイト黒板は,校長室にある行事予定表です。本来ならば,卒業を祝う会や○○お楽しみ会,様々な会議等の予定でびっしり埋め尽くされているのですが,なんとも寂しい限りです。
 新型コロナウィルスによる感染の収束が見通せない状況下で,4月以降の学校行事についての対応も検討しなければならないと考え始めている今日この頃です。