学校から

折り鶴で仙台七夕まつりに参加します

 仙台七夕まつりに仙台市内の小中学生による折鶴の吹き流しが震災以降毎年飾られています。今年度,本校もその吹き流し作りに参加しました。
 一人で折ったり,教師と一緒に折ったり,あるいは折り紙に模様を描いたりシールを貼ったり,いろいろな形で多くの児童生徒が関わって作った八十八羽を一本につなぎました。一番下には学校名の札が吊され,裏面には校長先生からのメッセージも書かれています。
 例年,藤崎デパートのあたりに飾られているそうですので,どうぞお子さんと一緒に足をお運び,光明の児童生徒が作った一本を探してみてください。