校長室

2020年6月の記事一覧

日常(通常)が戻りました

 昨年度末に安倍首相の全国の全校種の学校に対する臨時休業要請から3ヶ月,新型コロナウィルスに感染した人の報道は絶えることがありませんが,学校は感染防止策を施しながら新しい生活様式に沿った学習活動の元で,ようやく日常を取り戻しつつあります。3密を解消させるための学習環境の整備や学習活動の工夫,学習方法もこれまでのスタンスを見直しながらの手探りとなっています。そのような中で,これまで閑散としていた校舎内のいたる所で子どもたちの声が聞こえてくるとき,通常のありがたさを感じずにはいられません。まだまだ,治療薬もワクチンも開発されていない現状では,本当の意味での通常には戻らないことを認識しつつ,現状の中で最大限にできる教育活動を行っていかなければならないと考えています。出口は見えないものの,必ずある出口を目指して粛々と進んでいきます。

学校再開

 6月1日から学校が再開されました。3月4日から続いた臨時休業は3ヶ月にも及び,教職員,児童生徒,保護者ほか,学校に関わる全ての人たちがかつて経験したことのない状況下に置かれ,出口の見えない中でも少しずつ前に進んできたところで,ようやくたどり着いた学校再開だと感じます。しかし,まだ手放しには喜べる状況ではなく,本校はしばらくローテーション登校(分散登校)を挟んでから一斉登校へ切り替えることとしています。新しい生活様式の元での学習環境を整えたり,学習内容を整理したりする作業がこれから続きます。そんな中,本校の職員室も写真にあるように対面となった座席の前に透明シートが設置されました。3密になりがちな職員室での感染防止策を講じたわけですが,教室や食堂,ホールなど今後いろいろな対応策を図っていかなければならないと考えています。ワクチンなり特効薬なりが開発され,心から安心して生活を送ることができる日まで,新型コロナウィルスをコントロールした学校運営が続くことを覚悟しなければと思う日々です。