新着
ブログ
09/19
校長室
校長 つれづれの記
 小学部の修学旅行がありました。行き先は山形。子供たちのお楽しみは「リナワールド」です。天候に恵まれていろいろな乗り物を満喫することができました。 さて,写真にある掲示物は何かわかりますか。これは子供たちが修学旅行に行くに当たって事前学習を行うための学習スケジュール表です。約1週間前から学習が始まっていることが分かります。知的障害ある児童にとって見通しを持つことはとても大事になっています。その意味は,行程を把握するためであったり、主体的に行動できるようにするためであったりしますが,何よりも普段と違う生活に対する不安を解消して,落ち着いて活動に参加できるようにするためです。通常は遠足や修学旅行な楽しみで気分は高揚し,前日などは眠れなくなるわけですが,彼らにとっては普段と違う行動や活動が不安(何をするかわからないから)でしかたがないのです。ですから,このような視覚的で分かりやすい学習スケジュールを組み立てて計画的に学習をするのです。この学習成果は,冒頭でも述べたように子供たちが落ち着いて楽しく修学旅行ができたことで分かります。
ブログ
09/13
小学部
中学年の様子
 9月3日(火)~4日(水)と,小学部4年生は,七ツ森希望の家に宿泊してきました。初めて親元を離れる児童もおりましたが,元気いっぱいに過ごすことができました。また,天候が心配されましたが,2日間とも,中庭での活動などを予定通り行うことができ,楽しい宿泊学習になりました。
 先程,リナワールドの活動を終えて,ホテルへ到着しました。みんな変わりなく元気です。  明日の科学館見学と物産館での買い物も,楽しみたいと思います!!
 今年度は10月5日(土)に「PTA秋まつり」が行われます。現在,PTAの秋まつり実行委員さんたちが一生懸命に準備を進めております。 当日は,児童生徒や保護者の皆様だけでなく,地域の方々,福祉サービス事業所の皆様,教職員,学生ボランティアさんなど多くの方々に御参加いただき,大いに盛り上げていければと思います!! 多くの方々の御来校をお持ちしております。 日 時:令和元年10月5日(土)10:00~13:00 場 所:宮城県立光明支援学校 本校舎 第18回秋まつりパンフレット.pdf 第18回秋まつりポスター.jpg
   令和元年8月7日に栗原市志波姫総合支所(この花さくや姫プラザ)で平成31年度宮城県特別支援教育研究会知的障害教育専門部第42回研究協議会栗原大会が行われました。多くの先生が参加され,実りある大会となりました。   分科会のテーマ 第1分科会「児童生徒のニーズに合わせた支援の在り方」 第2分科会「様々な機関と連携した児童生徒・保護者への支援の在り方」 第3分科会「一人一人の実態に応じた就学支援・進路支援の在り方」 第4分科会「校内支援体制の在り方」     講演会    「児童生徒の将来を見据えた発達段階に応じた指導・支援の在り方                                                   ~キャリア発達支援の視点を踏まえて~」                                                       植草学園大学 准教授 菊地 一文氏        
 8月1日,2日の二日間にわたって,夏休みの自主研修会が行われました。タブレットPCの使い方や平仮名の指導,リラックス効果のあるアロマテラピーの体験など,本校職員の知識や特技を生かした様々な研修が行われました。夏休み明けの指導に生かせるよう,真剣に研修に取り組みました。
 8/27(火)~8/30(金)に,夏休み中に作った作品や絵日記を展示した「夏休み作品展」が行われました。小学部A課程・中学部・高等部・訪問部の作品は本校舎,小学部B課程の作品は小学部校舎に展示しました。保護者の方々にも多数ご来場いただきありがとうございました。夏の思い出を表現した個性あふれる作品が多く,とても素敵な作品展になりました!
 低学年B課程の子どもたちは,「夏を楽しもう」という学習活動に取り組んでいます。かき氷作りや中庭での水遊び,すいか割りなど,夏を感じられる活動を思う存分楽しんでいます。